中途採用の志望動機の書き方は、新卒などの場合と違うので注意してください。 新卒の人と同じように書いてしまうと採用されづらいですから、ちょっとした工夫が必要です。 中途採用の志望動機の書き方のポイントは、大きく分けて三つあります。 ・培ってきた経験をどのように活かすのかを書く ・志望動機と自己PRを混同しない ・競合他社の情報を確認した上で書く 中途採用の志望動機で一番大事なことは、今まで培ってきた経験をどのようにして活かすのかを書くことでしょう。 新卒と違い、中途採用の人は数え切れないほどの様々な経験をしてきているはずです。 その今までの仕事の経験をどのようにして活かし、会社に貢献するのかを具体的に書いてください。 また、よく間違ってしまいがちなのが、志望動機と自己PRの混同です。 志望動機の中に自己PRを入れすぎてしまう人が多いので、あくまでも別物だということを意識して書くようにします。 多少の自己PRを入れるのは構わないですが、バランスに気をつけてください。 それに、競合他社の情報を確認せずに志望動機を書いてしまうと、墓穴を掘ることがあるので注意しましょう。 何も調べずに「この会社の魅力はこれだ!」と思って書いたことが、他社の魅力と被ってしまったりしたら、企業研究していないことがバレてしまいます。